スポンサーサイト

2016.07.27 Wednesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    category:- | by:スポンサードリンク | - | -

    2016夏 野菜収穫BBQ

    2016.07.27 Wednesday 16:23
    0

      このブログも夏イベント報告ページのようになっています(笑)一年ぶりです。

       

       

      2016年7月18日 海の日

       

      毎年恒例の全社イベント、今年は伊勢原に野菜収穫体験に行ってきました!!

       

      貸切バスでついたのは広大な面積の「アグリパーク伊勢原」さん。

       

      僕たちの他に家族連れも数組いらっしゃったので

       

      邪魔にならないよう(笑)なるべく端っこの方に陣取ってターフの設営開始。

       

       

      まだシラフなので、みんなテキパキと動きます。

      頼もしいです。

       

       

       

       

      さてさて、畑に移動したら早速収穫開始!

       

       

       

       

       

       

       

      採った野菜をその場でかじってみると、

      同じ品種でも甘いのやら酸っぱいのやらホント個性的。

       

       

      仕入れに来たのかと勘違いするほどたくさん収穫できました!

       

       

      さあ、その後は乾杯もそこそこにBBQに突入。

      毎年、火おこしに苦労するのだけど、

      今年は学と早川が先回りして起こしてくれてた!

      ありがたいなー。

       

       

       

      新入社員の沙絵ちゃんも、すっかり溶け込んで肉配給係(笑)

       

       

      2年目で先輩になったひかるは、さすが板についてますねー

       

       

       

      ビールがどんどなくなって補充補充

       

       

       

      へべれけに酔っぱらっていく大人たちの相手に疲れて

      ヤギと遊んでまーす!

       

       

      今年無事に終了!

      久しぶりにみんなで飲んで食べて笑って、議論して!

      ホントに楽しかったな!!

       

       

       

       

       

      そして、今年もデザート部の4人衆には撮影でお世話になりました。

      いつもいつも本当にありがとう!!

       

       

      また来年も、盛り上がるよ!

       

       

      category:- | by:ittekicomments(0) | -

      震災後体験とBBQ

      2015.09.18 Friday 20:46
      0

        2015年7月20日。うみの日。

        今年の全社夏イベントはいつもとちょっと違ったのです。

        明日来てもおかしくないと言われている首都直下型地震。
        その時が来たら、俺たちは生き残れるのか?
        勝負は地震後の72時間にあるのだそうです。

        いつも体を張ったイベントばかりだけど
        今年は頭を使って知恵を授かりにきました。

        有明そなエリア。



        デパートのエレベーターに乗ってたら大地震発生!
        急いで外に出たら、、、さあどうする?!




        タブレットを使ってクイズに答えながら知識を身につけていきます。

        そしてここは「もしものとき」の集中管理施設。
        そのときには、たくさんの人が叫びながら指示を出し合うのだろう。




        一同、神妙な気持ちになりながら、炎天下のBBQ会場へ。
        テントを立てたら、まずは乾杯!






        新入社員二人も仲良くお料理番。。


        宴もたけなわ、円陣組んで、重大発表!
        アルバイトで頑張ってくれてた田島が「8月から社員になります!」宣言。



        今年は派手なイベントではなかったけど、
        社員もアルバイトも家族もお客さん?も、
        太陽の下で、食べて飲んで笑い合える今このときの幸せを
        心から満喫してきました。

        みんな、いつも、本当にありがとうな。



         

        category:- | by:ittekicomments(0) | -

        初めての新卒社員

        2015.04.06 Monday 11:34
        0

          創業17年。
          いつまでも若い気持ちでいたのだけれど
          ふと気づくと社内の平均年齢も随分上がってました(笑)

          5年後10年後を考え、
          今春はじめて新卒社員2名に入社していただきました。

          まだまだ幼さの残るフレッシュな二人です。
          隠し持っている才能を徐々に引き出せて行けたらなあと思っています。
          どこかの店でこの子たちを見かけたら声を掛けてやってください。

          今後も定期的に新卒社員を採用していきます!
          60歳から18歳まで、三世代の熱いチームを作っていきたい!!





           

          category:- | by:ittekicomments(0) | -

          久しぶりの大型新人!

          2014.11.26 Wednesday 12:32
          0
            しばらく振りのブログです。

            シーズン毎にお出ししている期間限定うどん。

            秋から冬にかけては、「これぞ一滴秋の名物!」というほどの

            大ヒットうどんがありませんでした。

            今回満を持して開発した大型新人。

            レシピづくりに試行錯誤しているうちにすっかり秋を通り過ぎてしまいましたが

            やっと今週発表できました。



            その名も『鶏ホワイト』!

            じっくり煮出した鶏の栄養分がたっぷり含まれたスープです。

            滋養強壮に!是非お試しください!



             
            category:- | by:ittekicomments(0) | -

            2014夏、森を吹き抜ける風になった。

            2014.07.31 Thursday 15:30
            0



              さて、今年も恒例の全社総出の夏イベント。

              個人ではなかなかやらないことをみんなでやろう!がコンセプト。

              今年はロマンスカーに乗って総勢30名が箱根に向かいました。






              2014年夏、僕たちは森を吹き抜ける風になった。







              樹上10メートルで遊ぶアスレチック。いや、ターザンごっこ。

              高所恐怖症の面々や幼児チームは別行動になった結果、参加者は17名。




              初参加・益田氏、気合入りすぎです。なぜキーパー?ww






              さあ、樹上の人となる前にちびリヴァイ兵長の掛け声で、キメっ!!








              特攻隊長は自ら名乗り出たが、樹の上の10メートルって結構高いぜよ(◎o◎)!



              命綱を付けてるとはいえ、無理難題ばかりの樹上アスレチック。
              いやいや、それは無理でしょう、みたいな(笑)






              これはほんとは樹と樹の間をレスキュー隊みたいに進むやつなんですけど
              どうみても「豚の丸焼き」にしか見えませんよ、小林君。



               

               

              そして、あーそろそろ疲れてきた〜、という頃を見計らって超爽快なこれ↓
               



               

              その辺のアスレチックとはレベルが違う高さと距離と速さ!!
              爽快さ、ハンパない!




              しかーし、ゴールが近付くにつれ着地体制をとらなければ!
              うおー!ヤバい!






              そして、、、、、、









              ズザーッ!










              ズザーッ!!













              ズザーッ!!!!
               



              ↑ばか。







              20歳から52歳が泥だらけになって遊びましたとさ。



              このあとは、近くの温泉で全員合流して汗と泥を流し、大宴会!
               

              今年も超楽しい夏イベントでした!


              超常連様のデザート部の皆さん、今年も参加ありがとう!!
              また来年もよろしくね(^^)


               

              category:- | by:ittekicomments(0) | -

              プロフェッショナルとともに

              2014.07.21 Monday 21:42
              0
                もともと飲食業界に関係なかった僕たちが板前さんを雇わずに自分たちだけでメニューを組み調理して店を開いたのは、

                自分たちの想いを曲げずに自己表現したかったからです。


                あれから16年、滴屋という和食業態を始めてから初めて板前さんと出会いました。

                それ以来たくさんの板前さんに出会ってきました。

                一般的に職人さんは気難しい人が多いと言います。

                実際そういう方もいたけど、うちは総じていい出会いが多かった。


                今度、一滴八銭屋の店長候補に迎えた益田君も板前歴15年、板場だけではなく客席も見える人材です。


                料理って、作品ではなく商品です。

                自分が出したいものを出しててもダメだと思う。
                いま目の前にいるお客様が何を欲しているか感知して、更にその斜め上をいく料理をお出しして感動していただくのが醍醐味。


                これからもプロフェッショナルとともにオンリーワンの店作りをしてまいります。

                ご贔屓に!
                category:- | by:ittekicomments(0) | -

                5年ぶりの香川うどん巡り

                2014.05.09 Friday 21:00
                0

                  前回のブログの通り、5月いっぱいで独立する油野に代わり、
                  当社経営の一軒家和食店「滴屋」から益田仁文が着任しました。

                  益田は滴屋で板長に次ぐ2番手の板前として活躍してくれていました。

                  5月より「うどん」という新分野に挑戦するに当たり、まずは本場を体験!
                  ということで、益田とともに5年ぶりの香川うどん巡りです。

                  今回はできるだけたくさんのうどん屋を効率よく回りたかったのでこれ↓を利用しました。



                  うどんタクシーです(笑)


                  もう、そりゃね、集団下校の小学生たちに指差されて笑われまくりですよ(笑)
                  地元にも6台しかないとか。
                  でも、おかげで道迷いや駐車場の心配なくサクサク店巡りできました。

                  一軒目は前回と同じく「山越」から。


                  前回よりも観光地化加速してました。
                  名物の釜玉を小で注文して30秒で完食。

                  そして運転手さんの思いつきで今回初めて伺う「三島製麺所」。


                  到着した途端、一緒に行った益田が騒ぎ始めました。
                  「あれ?ここ『UDON』の映画に出てきたとこじゃないですか?!」
                  どうやら映画の冒頭に出てくるお店みたい。


                  中ではお婆ちゃんとお孫さん?が、黙々とうどんを湯がいております。
                  お客さんも昼飯かき込みに来た作業服の人たちが中心。

                  空前の讃岐うどんブームに見事に乗って観光地化したお店と、
                  乗り切れず、いや乗ろうとせずいつもと同じ作業を黙々と繰り返すお店。
                  同じ映画に出ながら、対照的な2軒でした。

                  三島製麺所の近くにはご存じ「谷川米穀店」。
                  平日だからか待ちは3,4名だけ。
                  そして、この彼が益田君。
                  皆様よろしくお願いいたします。


                  その他、「宮川製麺」など結局この日は3時間で7軒の食べ歩き。
                  後半戦になるほどなぜだか玉の量が増えてきて腹もパツパツです。
                  翌日は別行動で7軒(僕は4軒)巡って、前回以上の充実したうどん巡りでした。

                  で、食べ歩いた感想はというと・・・。
                  以前に増して細麺でにゅるにゅる系の柔らかい麺が多かったのです。
                  ガシガシ腰が強くて好きだった「宮武うどん」の閉店も残念でした。
                  ランチピーク後のお店ではのびた茹で置き麺にも当たったり。。

                  ああそうか。
                  うちで出している600円や800円のうどんと、
                  地元の140円のうどんでは食べ物の種類が違うんだな、と。

                  地元では、ジャージの高校生や買い物帰りのおばちゃんが
                  腹ごしらえに醤油かけてサッと食べるファーストフード。
                  多少のびていようがあまり関係ない。気合い入れて食べる必要のない日常食。
                  もっといえば、自宅の食卓の延長線上。

                  翻って、僕らがお出ししているうどんに「当たり外れ」があってはならない。

                  益田君、身を以て勉強できたね。
                  東京に帰ってから、俺たちがやらなければならないこと。




                   

                  category:- | by:ittekicomments(2) | -

                  15年目の春

                  2014.04.10 Thursday 18:49
                  0
                    すっかりご無沙汰してしまいました。

                    ここ数カ月、考えをまとめて決断しなければならないことがあったので

                    このブログも更新が滞ってしまいました。

                    と、愚にもつかない言い訳はさておき。。。


                    15年前、

                    僕と、義弟(妹の旦那)の油野と、実の弟の3人で立ち上げたこの会社。

                    開業後4年目に実の弟が独立して以来、

                    ずっと油野と僕の二人で運営してきました。


                    同い年ながら、性格や資質がぜんぜん違う二人ですから、

                    ときには肩組んで二人三脚で、ときには激しく綱引きしながら。

                    思いついたら前のめりで進んでしまう僕なので、

                    油野がたまにブレーキを踏んでくれないと

                    とんでもない方向に進んでしまったかもしれない。

                    一進一退しながらここまで生きながらえてきたのも、

                    二人でやってきたからです。



                    がむしゃらに前を目指した30歳の起業から、丸15年経ったこの春。

                    45歳になった二人は、それぞれの更なる成長のため

                    一本立ちして自分の力を試してみようと決心しました。




                    専務の油野は5月いっぱいで独立し、準備期間を経て、

                    7月より田町「滴屋」を経営する会社を立ち上げます。



                    この2年半は一滴八銭屋新宿店の店長としてたくさんのお客様に

                    お世話になってまいりました。

                    5月中は同店で皆様をお迎えしながら、新しい人材に引き継ぎを

                    させていただきたいと思っております。



                    15年の節目に二人で考えたあくまでも前向きな決断です。

                    皆様にご迷惑をお掛けすることも多々ありますが、

                    何卒ご支援賜りますようお願い申し上げます!


















                     
                    category:- | by:ittekicomments(0) | -

                    お陰様で15周年!

                    2014.01.21 Tuesday 14:20
                    0
                      去る1月19日、「一滴八銭屋」は開店15周年を迎えることができました!
                      これも当時からずっと見守って下さっているお客様のお蔭です。
                      本当に本当に、ありがとうございます。

                      飲食業界のイロハを全く知らない3兄弟が試行錯誤で始めた初めてのお店でした。
                      讃岐うどんブームがくるなんてまだ誰も思ってもない時代。
                      「東京にうどん文化を根付かせよう!」と意気込んではみたものの、
                      開店当初は昼からずーっと呼び込みで外に立ちっぱなし。

                      いくら声をおかけしても「蕎麦無いんでしょ?!」とか「なんでうどん屋で飲むの?」とか
                      なかなか入ってもらえませんでした。

                      そんななか冷やかしで入ってくれたお客様が15年たった今でも通ってくれたりしています。
                      学生だったあの子が子供連れてきたり。新入社員だったあの人が取締役になってたり。
                      この仕事を始めて、本当にたくさんの方々から幸せをいただいてまいりました。

                      記念日当日は特に告知もしていなかったのですが、何も知らず最後まで残ってくれていた
                      縁あるお客様とともに、ヴーヴクリコのマグナムボトルで乾杯しました。

                      学生スタッフのひとりが、「15年前ですか・・。僕、年長さんでした。」とボソッとつぶやき
                      衝撃を受けた、15年に一度の記念日。。

                      おじいちゃんになるまで、まだまだ長い。
                      明日からもっと頑張って、15年後には、今とはまた違った景色を見てたいな。







                       
                      category:- | by:ittekicomments(0) | -

                      明けましておめでとうございます。

                      2014.01.03 Friday 01:40
                      0
                        明けましておめでとうございます!


                        いろんな出来事を乗り越えて、
                        また新しい年が始まりました。


                        去年一年の反省をもとに
                        今年は「人材問題」の劇的な解決方法を考えだそうと思っております。


                        創業15年。

                        節目の年を迎え、去年の延長線ではない、画期的なマイルストーンを置く一年にしなければと強く感じます。


                        長年愛してくれているお客様のために、

                        身を粉にして頑張ってくれている仲間のために、

                        やり遂げる人生を送ろうとしている自分のために。


                        今年も一年よろしくお願い申し上げます

                        m(_ _)m
                        Check
                        category:- | by:大薮 由一郎comments(0) | -

                        PR
                        Calender
                            123
                        45678910
                        11121314151617
                        18192021222324
                        252627282930 
                        << September 2016 >>
                        Selected entry
                        Archives
                        Recent comment
                        Recent trackback
                        Recommend
                        Link
                        Profile
                        Search
                        Others
                        Mobile
                        qrcode
                        Powered
                        無料ブログ作成サービス JUGEM